深夜労働の賃金計算方法とは? - 社会保険労務士法人シャインの『雨ニモマケズ 風ニモマケズ』
労務管理

深夜労働の賃金計算方法とは?

おはようございます、山梨県南巨摩郡身延町の社会保険労務士法人シャインの代表社員、中村です。

今月は健康診断があり、昨年から肥満気味と言われ少し体重を落としてきましたが、結果はいかに…?!

【深夜労働の割増賃金計算】


まず、深夜勤務の確認です。
深夜労働とは、夜10時~翌朝5時の勤務のことを言います。

以下の例は「基本時給1,000円」「変形労働時間制等の適用なし」です。

③深夜労働=2割5分以上
例:21時~24時までの勤務の場合
【通常勤務分】 21~22時まで 1,000円×1時間=1,000円
【深夜勤務分】 22~24時まで 1,000円×2時間×1.25=2,500円
【計】 1,000円+2,500円=3,500円

【時間外労働中の深夜労働は?】
また、時間外労働中に深夜労働が生じた場合は、5割以上となります。
例:12時~24時までの勤務の場合(16時~17時が休憩)
【通常勤務分】   12~21時 1,000円×8時間=8,000円
【時間外勤務分】  21~22時 1,000円×1時間×1.25=1,250円
【深夜勤務分(時間外含む)】 22~24時 1,000円×2時間×1.5=3,000円
【計】 8,000円+1,250円+3,000円=12250円

【深夜勤務の場合、基本時給を示すことが大切?】
上記をご覧のとおり、深夜の時間帯については、割増賃金が必要となることから「高めの金額にしておけば大丈夫か?」というと、それでは片手落ちで、あくまで基本時給と割増賃金が別であることを労働条件通知書等で明示しておくことが重要です。

同じ1,250円を払う場合でも「時給1,250円」と「時給1,250円(基本時給1,000円(割増賃金含む)」は全くの別物です。労務管理の基本は「わかりやすさ」だと思います。せっかく適法に取り組んでいる場合でも、表現の仕方ひとつでトラブルになることもありますので、こうした部分は特に注意して下さい。

【初回相談は無料!お問合せは電話・メールで!】
社会保険労務士法人シャインHP!→http://sr-shain.com/
お問合せフォーム

ぽちっと応援お願いします!

資格(社会保険労務士) ブログランキングへ
いつもありがとうございます!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

社会保険労務士法人シャイン

社会保険労務士 中村仁

山梨県南巨摩郡身延町の社会保険労務士法人シャイン 代表社員の中村 仁です。

弊所は『対応スピード』『顔を合わせるお付き合い』『わかりやすさ』にこだわって、お客様にの立場で御相談対応致します。

お問合せはこちらから。

〒409-2523
山梨県南巨摩郡身延町波木井1372
TEL:0556-62-2710
FAX:0556-62-3620

大きな地図で見る




≪事務所御紹介≫


【ハローワーク、労働基準監督署、労働局、年金事務所等に関する手続きはお任せ下さい!】判り易く、丁寧に対応させて頂きます。

山梨県峡南地域【身延町、南部町、富士川町、市川三郷町、早川町】、静岡県東部【富士市、富士宮市】を中心に対応しています。