お仕事

就業規則の作成・運用について思う事

おはようございます、山梨県南巨摩郡身延町の社会保険労務士法人シャインの代表社員、中村です。

≪「就業規則を作りたい」という相談≫
「就業規則を作りたい、見直したい」という相談がよくありますが、主にこんなきっかけが多いように思います。
① 助成金を申請するのに必要。
② 労基署に従業員が10人以上いるので、作成をするようにという是正勧告を受けた。
③ 労務管理をしっかりとしたい(従業員が10人になりそうな会社)。
④ 規則を使おうとした時に、今の会社実態や法律にあっていない。

特に②~④の相談が多いのですが、②、③については、給料の払い方、労働時間等について、そもそも誰もわからない、という事が非常に多、『就業規則の作成=自社のルールの明確化』というところからスタートになります。

給料の払い方が誤っていたり、労働時間の設計がおかしければ、未払い賃金などの問題が生じ得ます。「そんなことは知らなかった」という事が多いのは事実あると思いますが、日本国内で雇用をする限り「知らなかった」と言っても、労働基準法その他の労働法令を守らないと、会社は大変なリスクを背負ったまま会社を走らせていることになります


≪これからの時代に規則は必要?≫
最近、規則関係の相談を受ける時には「人手不足が進むことははっきりしているので、これからは働く環境がしっかりしていない会社は、働き手から選ばれなくなり、会社の運営をしていく事が難しくなると思います。100点でなくとも、経営者が法律を守ろうという姿勢がなければ、働き手からは必ず見抜かれます。例えば、しっかりした会社で年次有給休暇がないところがありますか?」というような事をお伝えしています。

インターネット、スマートフォンが普及するほどに、労働問題が増えているという指摘がありますが、確かに今は手元で色々なことが調べられるようになり、正しい主張をする労働者も増えています。その点を経営者は無視していくことは出来ないでしょう。

法的に作成義務がない会社に就業規則が必要かどうかは微妙なところですが、一緒に働く社員に対して、自社の労務管理の整理と、しっかりとした運用を示す為にも、規則の整備は今後必要性が高まると言えるでしょう

【初回相談は無料!お問合せは電話・FAX・メールで!】
社会保険労務士法人シャインHP!→http://sr-shain.com/

ぽちっと応援お願いします!

資格(社会保険労務士) ブログランキングへ
いつもありがとうございます!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

社会保険労務士法人シャイン

社会保険労務士 中村仁

山梨県南巨摩郡身延町の社会保険労務士法人シャイン 代表社員の中村 仁です。

電話、メールで相談を受け付けております【初回相談は無料】。

弊所は『対応スピード』『顔を合わせるお付き合い』『わかりやすさ』にこだわって、お客様にの立場で御相談対応致します。


就業規則の作成、社員の給与設計、労働時間管理、労使トラブル等、下記のメールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

〒409-2523
山梨県南巨摩郡身延町波木井1372
TEL:0556-62-2710
FAX:0556-62-3620

大きな地図で見る




H24.10 セミナーの様子です。


【ハローワーク、労働基準監督署、労働局、年金事務所等に関する手続きはお任せ下さい!】判り易く、丁寧に対応させて頂きます。

山梨県峡南地域【身延町、南部町、富士川町、市川三郷町、早川町】、静岡県東部【富士市、富士宮市】を中心に対応しています。