2018年10月04日 - 社会保険労務士法人シャインの『雨ニモマケズ 風ニモマケズ』
FC2ブログ
お仕事

社内コミュニケーション、改善のコツは?

おはようございます、山梨県南巨摩郡身延町の
社会保険労務士法人シャインの代表社員、中村です。

夏物と冬物の切り替えのタイミングが難しく、
そろそろ冬物を…と思うと、日中暑く、
でもしっかりと朝夕冷えるという混乱が続いています。

【社内コミュニケーションは悩ましい?】
181004.jpg

まずは質問。
皆様の会社は社内コミュニケーションが、
うまくいっていますでしょうか??

私の肌感覚でズバリ「バッチリです!!」という会社は、
100社に数社という感じのように思います。

それくらい、人と人とのコミュニケーションは、
難しいものだと思います。

これが同世代の友達同士なら、
ある程度感覚で伝わるのかもしれないですが、
世代も違う、生きてきた背景も違うと相当厳しいでしょう。

【まずは「聴く」こと。】
「傾聴」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?
文字通り「話に耳を傾ける」、人の話をしっかり聴く、
という理解でよいと思います。

コミュニケーションが「言葉のキャッチボール」
だとすると、職場での言葉のキャッチボールは、
しっかりできていますでしょうか?

傾向として、上司が一生懸命喋ったあとに、
部下が「はい、わかりました」で終わっている、
こんな場面は多くないでしょうか?

コミュニケーションが「言葉のキャッチボール」なら、
部下の言葉にも耳を傾ける必要があるでしょう。

【指示を出す前に、人間関係!】
管理職向けの研修などしていると、
そこに上司・部下が同席した場合、
上司が熱く語ってしまう事がよくあります。

その気持ちはよーーーくわかるのですが、
果たしてその熱量が部下に伝わっているかは、
中々に難しいところがあります。

私もよく『部下の「わかりました」は、
「理解した」ではなく「聞いてました」という
意味合いが強い』と言いますが、大体右から左です(笑)。

上司が部下に話を聞いてもらう為には、
まずは部下の人間性を認め、部下の話を聴き、
人間関係が構築されることが大前提でしょう。

と、簡単には言えますが、ここは本当に難しく、
一朝一夕に出来るものではないと思います。

しかし、部下の育成が上手な上司は、
こういうことを自然にやっているとも言えます。

中小零細企業は、強烈なトップダウンでうまくいっている、
そんな会社の経営層は、部下とのコミュニケーションが
取れいている可能性が高いと思います。

社内の人間関係は、離職率にも大きく影響します。
いま一度、社内のコミュニケーションについて、
考えてみてはいかがでしょうか?

【初回相談は無料!お問合せは電話・メールで!】
社会保険労務士法人シャインHP!→http://sr-shain.com/
お問合せフォーム

ぽちっと応援お願いします!

資格(社会保険労務士) ブログランキングへ
いつもありがとうございます!
スポンサーサイト
社会保険労務士法人シャイン

社会保険労務士 中村仁

山梨県南巨摩郡身延町の社会保険労務士法人シャイン 代表社員の中村 仁です。

弊所は『対応スピード』『顔を合わせるお付き合い』『わかりやすさ』にこだわって、お客様にの立場で御相談対応致します。

お問合せはこちらから。

〒409-2523
山梨県南巨摩郡身延町波木井1372
TEL:0556-62-2710
FAX:0556-62-3620

大きな地図で見る




≪事務所御紹介≫


【ハローワーク、労働基準監督署、労働局、年金事務所等に関する手続きはお任せ下さい!】判り易く、丁寧に対応させて頂きます。

山梨県峡南地域【身延町、南部町、富士川町、市川三郷町、早川町】、静岡県東部【富士市、富士宮市】を中心に対応しています。