お客様からの質問

Q.手当の導入を考えていますが、注意すべき点はありますか?②

おはようございます、山梨県南巨摩郡身延町の社会保険労務士法人シャインの代表社員、中村です。

【Q.手当の導入を考えていますが、注意すべき点はありますか?】

②社員間のバランスが取れたものか?

歴史が長い会社ほど、「謎の手当」が多いのは事実で、社長や総務担当も「よくわからない」という話がよくあります。それと同時に、古参の社員と、最近入社の社員の手当のバランスを見ると、何が基準になっているかわからないようなケースが多くあります(これは同時に基本給についてもいえる事です。更に「調整給」ということで、益々わからない調整が掛っていることもよくあります)。

中小の場合、手当の基準を定めるというのは中々難しいのが現実ですが、「えいやっ」で決め続けていくとどこかで待遇のバランスが取れなくなり、手当などは一度支給を開始すると、外すことが不利益変更となり得ることから、一定の幅を設ける等、多少でもいいのでバランスを取っておくのがよいと考えています(実際、社長の「えいやっ」は一定の正当性があることも事実です)。

例えば「役職手当」などであれば、「人によって手当額が違う」としても、主任は3,000~5,000円、課長は6,000円~8,000円など、ある程度想定される範囲を考えておくだけでも、結果は大きく異なります。

規模が一気に膨れ上がるような場合は、その都度メンテナンスが必要とは思いますが、基本的に賃金や手当の設計においては、将来1~2割は規模が大きくなることを想定しながら考えていくと、多少の誤差が生じるとしても、大きくバランスが崩れる可能性は低いと考えられます

賃金設計の基本においては「低いところから入って、問題なければ高くする」ことだと思います。余裕があれば、賃金額を上げていくのは非常に良い事ですが、上げてしまったものを下げることは非常に難しいのも事実。手当てを導入する場合も、出来るだけ低いところからバランスを取って、問題なければ上げていくというのがよいでしょう。

【初回相談は無料!お問合せは電話・FAX・メールで!】
社会保険労務士法人シャインHP!→http://sr-shain.com/

ぽちっと応援お願いします!

資格(社会保険労務士) ブログランキングへ
いつもありがとうございます!
スポンサーサイト
社会保険労務士法人シャイン

社会保険労務士 中村仁

山梨県南巨摩郡身延町の社会保険労務士法人シャイン 代表社員の中村 仁です。

電話、メールで相談を受け付けております【初回相談は無料】。

弊所は『対応スピード』『顔を合わせるお付き合い』『わかりやすさ』にこだわって、お客様にの立場で御相談対応致します。


就業規則の作成、社員の給与設計、労働時間管理、労使トラブル等、下記のメールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

〒409-2523
山梨県南巨摩郡身延町波木井1372
TEL:0556-62-2710
FAX:0556-62-3620

大きな地図で見る




H24.10 セミナーの様子です。


【ハローワーク、労働基準監督署、労働局、年金事務所等に関する手続きはお任せ下さい!】判り易く、丁寧に対応させて頂きます。

山梨県峡南地域【身延町、南部町、富士川町、市川三郷町、早川町】、静岡県東部【富士市、富士宮市】を中心に対応しています。