連載 - 社会保険労務士法人シャインの『雨ニモマケズ 風ニモマケズ』
FC2ブログ
連載

『助成金活用をサポートします!』社労士の顧問活用⑨

おはようございます、山梨県南巨摩郡身延町の社会保険労務士法人シャインの代表社員、中村です。



【助成金をご存知ですか?】
厚生労働省 平成30年度 雇用・労働分野の助成金のご案内 (簡略版)

雇用・労働分野の助成金は、雇用等の分野で国が示す取り組み等を行った会社に対して、国が助成する制度です。融資などと異なり、返済をする必要がない為、うまく活用することができれば、財務の部分で非常に大きなメリットが出てきます。

【助成金の申請は簡単?】
助成金の種類にもよりますが、申請にあたっては要件が色々とある為「書かれていることをやりました」だけでは、助成されないことも多く、事前に計画を提出する、要件に合わせた制度を会社に入れる等、きちんと要件を満たして進めないと、せっかく取り組んだことに対しても助成されないケースは非常に多くあります
実際、弊社の関与先でも「ここをしっかりしていれば申請ができたのに…」というケースも多くあるため、助成金を申請する際は要件を確認しながら、事を進めることが大切です。

【申請に社労士が必要か?】
きちんと助成金を受けるための要件さえ満たせば、当然社労士は必要ありません。

しかし、雇用分野の助成金は提出する書類の審査も労務分野に関わるものが多い為、所定の様式への記入がしっかりと実態とあっているか、社会保険の処理がきちんとなされているか、割増賃金がきちんと支払われているか、などなど、専門家である社労士がチェックをしながら申請をする方がスムーズに審査が進むケースも多くあると考えられます

また上記の案内のように非常に多くの種類がある中で、普段から社労士がかかわっていれば、新しい取り組みをしようとしたときに「こういう助成金がありますよ」と情報提供をしてくれる可能性も高まります

【働き方改革で雇用環境を変える!】
今般議論される「働き方改革」で自社の働き方を変えていかなえければいけない、という流れは数多く出てくると思われます。そんな時、会社が取り組む方向性に合致した助成金があれば、それらを上手に助成金を活用しながら、雇用環境を変えていくのも会社にとっても多くのメリットと言えるでしょう。是非、助成金活用を検討されるなら、社労士へも相談をしてみてください。

【初回相談は無料!お問合せは電話・FAX・メールで!】
社会保険労務士法人シャインHP!→http://sr-shain.com/
お問合せフォーム

ぽちっと応援お願いします!

資格(社会保険労務士) ブログランキングへ
いつもありがとうございます!
スポンサーサイト
連載

『就業規則の更新をしていない会社様は御注意ください!』社労士の顧問活用⑧【社労士法人シャイン】

おはようございます、山梨県南巨摩郡身延町の社会保険労務士法人シャインの代表社員、中村です。

【就業規則のメンテナンス】
前回の記事の続きとなりますが、就業規則は作りっぱなしが一番危なかったりします。

実態と規則があっているかが非常に重要ということですが、ではどういうケースで問題が起きるか。

よく問題となるケースでは、給与計算関係で、割増賃金に関する計算を規則に書いてある場合に、その計算が実態とあっておらず、規則の計算上割増賃金が足りなくなってしまう、という内容。

割増賃金は1週40時間または1日8時間を超えて時間外労働(残業)をした場合に、通常の賃金の1.25倍した金額を支払わなければならないもので、計算方法は労働基準法その他で定められています。
東京労働局 労働基準法<割増賃金編>

細かな説明は割愛しますが、実際の計算方法と規則の計算方法がずれており、規則の計算の方が金額が高くなるように書かれている場合は、そちらの金額が実際払うべき金額となり、計算の都度、未払い賃金が発生しているという可能性が出てきます

就業規則に書かれている以上、会社もそのルールを守らなければいけないということになります。規則が実態とずれてきたのであれば、原則としてはその都度、規則を変更する必要が出て来ますが、一度作って安心してしまうと、こういう部分が問題になってくる可能性があります。

日頃から、社労士と相談しながら制度の設計をしていれば、その都度、規則の変更を合わせて行う為、こうした問題は起こりづらくなります。まずは現状と規則がしっかりと合っているか、確認をして頂ければと思います。

【初回相談は無料!お問合せは電話・FAX・メールで!】
社会保険労務士法人シャインHP!→http://sr-shain.com/
お問合せフォーム

ぽちっと応援お願いします!

資格(社会保険労務士) ブログランキングへ
いつもありがとうございます!
連載

『就業規則の作成、運用にお困りではないですか??』社労士の顧問活用⑦【社労士法人シャイン】

おはようございます、山梨県南巨摩郡身延町の社会保険労務士法人シャインの代表社員、中村です。

【就業規則の作成と運用】
規則の作成自体は、スポットとして作成だけを御依頼頂く場面もありますが、規則があることに満足しているケースが多く、実際的には会社の実態とあっているか、また運用をしっかりしているかが非常に重要です!

よく『会社のルールブック』と表現されたりもしますが、社員にルールを守らせる為のものであると同時に、会社もそのルールをしっかりと守る必要があることから、個人的には「社員との契約書」という意味合いの方が強いようにも思います。

また就業規則として作成し、社員に周知している以上、会社側が規則を守らないと、その事がまた問題に発展する可能性もある為、作る以上はしっかりと実態と合わせておいた上で、そのルールをしっかり守っていなければ、大きいしっぺ返しもあり得るということです。

実際規則がある会社においても、私達が規則を読みながらルールを確認しているときに、初めてその使い道を知って頂くというケースは非常に多くあり、その段階にいってはじめて規則が生きた使われ方になっていくという感じです。

就業規則関連については、また次回以降も触れていきたいと思います。

【初回相談は無料!お問合せは電話・FAX・メールで!】
社会保険労務士法人シャインHP!→http://sr-shain.com/
お問合せフォーム

ぽちっと応援お願いします!

資格(社会保険労務士) ブログランキングへ
いつもありがとうございます!
連載

『労基署への各種協定書の作成・提出は大丈夫ですか?』社労士の顧問活用⑥【社労士法人シャイン】

おはようございます、山梨県南巨摩郡身延町の社会保険労務士法人シャインの代表社員、中村です。

【各種協定書の作成・提出代行】
労働時間関係をはじめ、諸々「協定書」の作成が必要なものがあります。

主なものとして「時間外労働・休日労働に関する協定届(いわゆる36協定)」があります。
180525.jpg
厚生労働省 時間外労働・休日労働に関する協定届 労使協定締結と届出の手引

原則として定期的に作成が必要になり、労働基準監督署への届出も必要な書類です。この協定書を監督署へ届出しなければ、そもそも時間外労働(いわゆる残業)をさせること自体が違法となります。

そもそも届出自体をしていない事業所が多く、また一度届出をしても、毎年更新するのを忘れてしまうことも少なくありません。また協定書作成時の具体的な状況を踏まえ、適正な作成も求められます。

協定の作成に関するアドバイスや、届出のフォロー、提出代行なども社労士がサポート致します。

私達も仕事として取り組んでいる為、日々の事として処理をしていますが、各社とも本当に多くの書類を毎年作っている…とつくづく事務処理の大変さも感じます。。。

【初回相談は無料!お問合せは電話・FAX・メールで!】
社会保険労務士法人シャインHP!→http://sr-shain.com/
お問合せフォーム

ぽちっと応援お願いします!

資格(社会保険労務士) ブログランキングへ
いつもありがとうございます!
連載

『マイナンバーの管理の管理にお困りではありませんか?』社労士の顧問活用⑤【社労士法人シャイン】

おはようございます、山梨県南巨摩郡身延町の社会保険労務士法人シャインの代表社員、中村です。

【手続を厄介にする『マイナンバー』】
最近、入退社の手続きが面倒になってきていますが、その一番の要因は『マイナンバー』。制度が始まる当初、弊事務所でも色々なところからご要望頂いて、マイナンバーの管理についてのお話をさせて頂きました。

中小企業は少し管理が緩和されているものの、それでもしっかりやろうと思えばハードルはかなり高いです。実は社労士については、お客様のマイナンバーを業務上取り扱う事が多い為、事務所の規模に関係なく原則的には管理を厳しくするようになっております。

【社労士事務所も取組に差が】
マイナンバーの管理については、費用を掛ければ掛けるだけ出来ることもあり、事務所によってかなり差が出ているのが実態のようです(他事務所では、マイナンバー専用ルームをわざわざ作ったというところもありました)。

弊事務所は基本的にクラウドでの管理としており、使用履歴などもすべて残るような仕組みとなっています。この3月から社会保険関係、5月から雇用保険関係についても原則としてマイナンバーを使うようにという方向が強化されており、マイナンバーの活用も一気に進んでいるようです。

各社労士で取り組みは違うでしょうが、マイナンバーの取り扱いも社労士を顧問として使う中で、上手に管理して頂くのもひとつの方法と言えるでしょう。

【初回相談は無料!お問合せは電話・メール・お問合せフォームから!】
社会保険労務士法人シャインHP!→http://sr-shain.com/

ぽちっと応援お願いします!

資格(社会保険労務士) ブログランキングへ
いつもありがとうございます!
社会保険労務士法人シャイン

社会保険労務士 中村仁

山梨県南巨摩郡身延町の社会保険労務士法人シャイン 代表社員の中村 仁です。

弊所は『対応スピード』『顔を合わせるお付き合い』『わかりやすさ』にこだわって、お客様にの立場で御相談対応致します。

お問合せはこちらから。

〒409-2523
山梨県南巨摩郡身延町波木井1372
TEL:0556-62-2710
FAX:0556-62-3620

大きな地図で見る




≪事務所御紹介≫


【ハローワーク、労働基準監督署、労働局、年金事務所等に関する手続きはお任せ下さい!】判り易く、丁寧に対応させて頂きます。

山梨県峡南地域【身延町、南部町、富士川町、市川三郷町、早川町】、静岡県東部【富士市、富士宮市】を中心に対応しています。